避けて通れない転勤

念願叶ってマイホームを購入して喜んでいるのもつかの間、会社で海外転勤の辞令が下されて途方に明け暮れる人も少なくありません。
会社によっては転勤や海外赴任が珍しくないケースもあります。 会社にとっても転勤や海外赴任は誰でもいいわけではなく、新しいビジネスチャンスや支社・支店の立て直しなどで、経験が豊富な30代から40代の中堅ビジネスマンに白羽の矢が立つことがあるからです。
景気の先行きが不透明な昨今において、家族もあるのに会社を辞めるわけにもいかず、しぶしぶ引き受けることがあるでしょう。

家族に了承を持ってもらわなくてはいけませんし、子供がいる家庭では、転校に嫌気を指す子供も少なくはないでしょう。 期限付きで帰れると分かっていても家族間の話し合いがスムーズに進むとは考えにくいことが垣間見られます。
何より、せっかく購入した自宅をその間どうするかで悩むのが一番大きいはずです。 固定資産税や毎月のローンなど支払は待ってくれません。
誰も住むことがなくなると、手入れも行き届かずにカビや害虫の発生が避けられず、治安も悪くなります。

売却するという手もありますが、転勤が終わったらやっぱり自宅に帰りたいという概念は捨てられないことでしょう。
このような悩みを解決できる方法として、リロケーションというサービスがあります。空き家となる転勤期間中に、マイホームを預かって入居を希望する第三者に賃貸し、管理業務を請け負ってくれるサービスです。